「黄金の梅」は、樹上完熟!収穫時期は梅任せ。子供が集まってくるほどに甘くフルーティな幸せの香り、桃や杏の味わい。「黄金の梅ジャム」は、誰からも愛される逸品です。

「頑張ってみよう!」…という思いが功を奏した、浜野さん



「福井県生まれの『新平太夫』は、それまでほとんど流通することなく、一部の農家しか知り得なかった希少な梅でした。良い梅と言えば、皮が薄くてお箸でスーッと切れるようなものが良い梅なのですが、『新平太夫』は皮が厚い梅でした。さらに完熟になる時期が遅い品種ということもあり、青梅では価値がなく、梅干でしか出回ることがなかった存在だったのです。そうしているうちに、梅を育てていた農家の浜野さんが『もう梅栽培を続けるか辞めるべきか…』と思うところまで迷っていた時に、県に相談に行かれたのが『黄金の梅』の始まりでした。この行動力がなかったら、『黄金の梅』は生まれていなかったと思います。一歩を踏み出していただいて、本当に良かったです」と、福井郷土料理研究家・フードディレクターの佐々木京美(ささき・きよみ)さんが語ってくださいました。

「新平太夫」を樹上で完熟させ、香りが最高潮に達した短い時期に収穫した良品のみを「黄金の梅」®と呼べるそうです。
一度でも「黄金の梅ジャム」をヨーグルトに入れて頂く贅沢を経験したら、毎日食べずにいられない…プロの料理人の方々から「店の料理に使いたい」という声が多いのも納得の美味しさです。




まるで「みにくいアヒルの子」。最初は誰も「白鳥」だと気付かなかった梅でした

「その頃、『完熟の梅の良さが日本からなくなってしまうかも』という心配があったと思います。昔は梅を“青いダイヤ”と呼んでいた程に梅農家の暮らしを支えていた時期もありました。梅の香りの良さというのは格別ですし、味も最高に良いです。でも、梅は大変デリケートなので、流通には細心のケアが必要だし扱いが難しい。それでも、若い人たちに梅文化を継承してゆきたいという思いがありました」
そんな葛藤を乗り越え、生産がスタートした「黄金の梅」は、今では大人気商品となっています。








ユニークなのは、梅の収穫です。樹上でじっくり完熟するのを待ってあげるのだそうです。「その頃梅畑は、芳醇な香りに包まれる桃源郷」…というほどに、甘い香りに包まれるそう。夢のようですね。
もぎたての完熟梅は、格別に美味しいそう。一般的に、梅酒は青い梅で漬けますが、本当は収穫したての完熟梅をすぐに漬ける方がもっと美味しいと、佐々木さんが教えてくださいました。採りたての梅を畑で食べることができたら、きっとジューシーで美味しいでしょうね!
「完熟梅は柔らかく傷つきやすいため、収穫・選別は細心の注意のもと、全て手作業で行い、収穫後はその香りと美味しさを保つために梅に合わせた様々な温度帯で管理保管されています。この誤差が許されないタイミングと、手作業を大切にしているだけにお値段は少々お高めですが、『本物の梅の美味しさ』を感じることができるので、お値段以上の価値はあると思います」
収穫後は、梅と砂糖のみでジャムになるそうです。程よい酸味と優しい甘さ。えぐみを取り除いた、フルーティな香りと透明感のある色が特徴です。




ヨーグルトや乳製品との相性は抜群です



五感を大事にしながら食べ物を味わって欲しい

「よくスーパーに行くと果物の糖度が数値化されていたりしますよね?食の仕事をしていると、そういった感じで、食べ物に対しての感想を数字化して欲しいと言われることが少なくありません。わかりやすいのでお気持ちはわかるのですが、もっと自然の力を信じて、五感で味わうことを大切にして欲しいなと感じます。その点、子供は正直ですね。梅の香りがすると集まってきますから(笑)。そういった自然なことが、柔らかな食育にも繋がっていると思います」

収穫したての梅って凄いですよ。生命力が宿っているのだな、と感じます。
「完熟の梅は、自分で『もう限界…』と言いながら地面に落ちてくるわけですが、梅の生き方としては、最後に子孫を残すという大作業が残っています。一説によると、梅のあの甘い香りは、種の仁(植物種子の核)から出ているという話もあります。その仁には、梅の持つ気の力や、栄養がギューッと詰まっているのですよね。畑に広がる梅の香りは、実際に体験して欲しいほど豊かです。梅も、『まだまだやることが残っている!』と思っているのでしょうか。つくづく梅のパワーって凄いですよ」







日本の梅文化を「黄金の梅」で次の世代に

「梅の話をすると、若い人の中にはピンとこない人もいるようですが、渋いイメージを梅に持っていたとしたら、それを覆すのが『黄金の梅』だと思っています。透明感のある色が綺麗ですし、お料理やスイーツ、ドリンクなどにサッと使っていただくことができます。美味しいものに目がない方々は『これ、凄いね!』と、目を丸くされる味ですよ」と、佐々木さん。






「黄金の梅ジャム」を口にすると、「梅って、こんなに美味しかったのね!」…という驚きと、宝物を見つけたような感動があります。同時に日本の風景や里山の梅畑が守られ、継承されていくことを願わずにいられません。
ぜひ、福井県の「黄金の梅」にご注目くださいませ。



「黄金の梅ジャム」2本セットで3,056円(税抜き)

    

(取材・文 神緒早希)

 

■問い合わせ先
株式会社カリョー 福の和事業部

〒918−8231 福井県福井市問屋町2−42

TEL : 0776–23-7049 FAX : 0776-22-8839

WEB :http://www.ougonnoume.com/

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter