定番のチョコレート菓子ブリガデイロ。お母さんの手作りおやつから結婚式のお祝いのお菓子まで、大切なときはいつもそばにいてくれる驚くほど甘い存在です。

 

 

チョコレートは地球上における共通言語のように人種の違いに関係なく、世界のおやつとして広がっています。そして近年ではヨーロッパ、アメリカ、日本のみならず、成長する新興国全域でも食する人が増えています。ブラジルもそんな国の一つです。
建国時のヨーロッパ人(ポルトガル人)の流入によって広がったチョコレート菓子は、その後、アメリカからやってくる人にも好まれ、ブラジルでは一大市場となっています。しかもブラジルはチョコレートの原料であるカカオの一大産地でもあります。


 

今回の「まちのキッチンから」は、またも海外番外編“第七弾”です。ブラジルのチョコレートの話をサンパウロからご紹介します。
前回のオリンピック開催地やカーニバルなどで「リオ・デ・ジャネイロ」の街の名前はよく知られていますが、ブラジルの首都は「ブラジリア」、経済の中心が「サンパウロ」です。日本の裏側ともいわれる遠い街「サンパウロ」。出かけてみると意外と日本人にも馴染みやすい街並み。これは日系人の方が多くアジアの文化を早くから浸透していたおかげと、アメリカ大陸やヨーロッパ大陸からやってきた文化の名残からで、距離の遠さから想像するよりは初めて訪れた感じはありませんでした。


 

さて、ビジネスの集積地「サンパウロ」に住む忙しい人々にとって、一日で一番よく行く場所はパン屋です。
ブラジルでパン屋は『Padaria(パダリア)』と呼ばれ、日本のコンビニエンスストアのように一区画ごとに店があるほど街中で存在感があります。

出勤前にパンを食べ、ランチにも利用し、時間があればお茶(コーヒーとお菓子)を飲みに立ち寄り、軽い夕食を済ませ、足りない買い物まででき、さらにお酒を飲むこともできる、コンビニとカフェと蕎麦屋と飲み屋が一緒になった生活の一部のような存在です。

 

 



写真は少し高級な住宅地のPadaria。1階がショップで、2階がカフェレストランになっています。土曜に訪ねると朝からブッフェを楽しむ家族やグループで賑わっていました。

ブッフェではパンが食べ放題、ケーキもたくさんあります。
ブッフェを食べ終わり、階下のショップのショーケースを見渡すと、パンのみならずケーキやチョコレートも豊富です。
ブラジルがポルトガル人によって開拓されてからヨーロッパから移り住んだ人も多く、ポルトガルを中心に欧州の定番メニューも並び、多国籍な商品が揃います。ポルトガルの鶏卵素麺、フィオス・デ・オヴォスやケイジャーダ、スペインのチュロス、イタリアのティラミス、などなど、どれを買うか本当に悩みます。


 

 

 

さて、そんなブラジル、サンパウロのPadariaの一番人気お菓子は『Burigadeiro(ブリガデイロ)』です。ブリガデイロとは、ブラジルで「少将」の意味だそうです。名前の由来は、初めて作られた時に「当時の少将エドァルド・ゴメス氏の帽子の形に似せて作られたから」など、諸説あるそうです。
ブリガデイロは、チョコレートを溶かしてコンデンスミルクやバターと混ぜ合わせて作ったシンプルなガナッシュをボール状にして、チョコレートの飾りでコーティングしただけの素朴でとても甘いおやつです。お店にはこのトラディショナルなものからホワイトチョコレートバージョン、その他様々なアレンジを施された商品が並んでいました。



本当にとっても甘いのですが、甘いものが大好きなブラジル人にとっては一番人気のお菓子で、コーヒーと一緒に食べられています。

毎日でもケーキを食べられるほど甘いものが大好きな私でも、日本でこれを食べたら甘すぎて歯が浮いちゃう!くらいのお菓子です。でも、旅の道中は不思議なもので、本当においしく頂けました。



そしてブリガデイロは、高級なカフェから路上のお菓子売りまで、どこでも見かけるおやつです。

店で定番なのはもちろん、家で作ることも多いようで、スーパーでもブリガデイロを作るためのチョコレートやコーティング用のチョコレートがあちらこちらで販売されています。そして、いつでもどんなときにも頂きます。家庭の日々のおやつにもなり、結婚式などでも供されます。

以下の写真は、菓子店を訪問して厨房を見学した際、ちょうど製造中で撮影させて頂きました。人気の菓子なので毎日大量に準備をされているそうです。



ブラジル人にとってブリガデイロは、普段の日も大切な日も人生のどんな時にも自分に寄り添ってくれる心のおやつなんですね。
それだけ毎日のように口にするブリガデイロ。きっとお店によってブリガデイロはちょっとずつ味の違いがあるかも!?次回ブラジルを訪れる際には「ぜひ食べ比べしよう!」と心に誓いました。


(取材・文 まちおやつプロジェクトメンバー)

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter