「流行のお菓子はコンビニにお願いして、私はお客様に長く愛されるこの店ならではの味を大切にしていきたいんです。開店当時から変わっていないロングセラーの『おやつ』があるんですよ」

代表取締役 三賀 孝保(さんが たかやす)さん



本州から車を走らせ鳴門海峡の渦潮を望める橋を渡り、徳島県小松島市に行ってきました。徳島県には名産物がたくさんあります。すだち、れんこん、鳴門金時、畜産も有名です。その中で、今日はおいしい徳島県産「すだち」を使用したゼリーがあると聞いて「ケーキハウスサンガ」に行ってきました。

 

代表取締役の三賀 孝保(さんが たかやす)さんはお菓子屋さんの昔と現在について感じることを話してくれました。

「昔はね、8.5坪でやっていました。でもね、だんだんお客様に多く来てもらえるようになり、狭いと感じて今の広いお店に移りました。このテーブルの配置は当時の名残なんです。クリスマスケーキをオーダーいただいた分だけ何台も夢中で作っていました」
確かに、厨房は順番に作業がしやすいように、作業台が長く並んでいます。30年ほど前はデコレーションケーキがどこでも、いつでも買えるわけではありませんでした。デコレーションケーキはインターネットのお取り寄せなどはなく、町の洋菓子屋さんが作るのが当たり前だった時代です。時代の変化を感じることは他にも多くあるとシェフは話します。

「昔は今と違いお店のケーキの9割が生ケーキでした。今は焼き菓子も多く販売しています。シュークリームはね、当時50円で売っていたんです。毎日びっくりするほど売れたよ。今も70円で同じシュークリーム、ありますよ。昔に比べるとおやつそのものが変わってきた気がします。」とシェフ。コンビニやスーパーでは最新の流行スイーツが買えるのです。それについてシェフは「流行のお菓子はコンビニにお願いして、私はお客様に長く愛されるこの店ならではの味を大切にしていきたいんです。開店当時から変わっていないロングセラーの『おやつ』があるんですよ」と話します。

たとえばアップルパイがロングセラー商品のひとつです。おばあちゃんが孫を連れてやってきて「あら、このアップルパイまだあるのね」なんていう会話をすることも少なくないそうです。
「チーズケーキも、モンブランも配合を変えず大切に作っています。僕らにはとても大切なことです。もちろん流行はあるけれど、変わらない物を作れるのは僕たち。おばあちゃん、娘さん、お孫さんとずっとつながっていくんです」とシェフは言います。




変わらない味、そして新しい味も

「『ケーキハウスサンガ』には『変わらない、守り続けられている味』はもちろん、『新しいおいしさ』のおやつも販売しています」とシェフ。早速ご紹介いたします。まずは徳島県産「すだち」の香りがさわやかな「すだちゼリー」です。ショーケースできらきら光るすだちゼリーは大人気のおやつです。
もともとは持ち歩きが難しかったのですが、お客様からの「贈答用にも作ってほしい!」、「持ち歩きたい。」というお話を聞いて、今では持ち歩き可能な贈答用タイプもご用意しています。「春から夏までは一番人気の商品です。」とシェフ。夏の間はこの商品をお求めになる方がとても多いのだそう。口に入れるとすっきりとしたすだちの香りとのど越しの良さに感動です。
「すだちはとても繊細なんです。だからなるべく新鮮なうちにゼリーにしています。そうすることで香りがまったく違います」風味を大切にしているシェフのこだわりです。今年のすだちは、
すだちの原木がある神山町のものを使用しているそうです。


贈答用すだちジュレ 1個 270円(税込み)

 

挽きたての米粉を使ったロールケーキ

「ケーキハウスサンガ」では地元徳島産の「米粉」を使って作ったロールケーキを販売しています。商品名は「米っ娘ロール」です。「うちの米粉は他と比べて粗めに挽いてあります」そこで三賀さんは米粉を実際に見せてくれました。袋の上から触らせてもらうと確かに手触りが全く違います。これが「米っ娘ロール」のおいしさの秘密のひとつです。噛んでいるうちにお米の甘く香ばしい香りが口いっぱいにひろがります。食感は米粉を使ったスポンジならではのもっちもち食感です。「なんでもそうなんですが鮮度は本当に大切です。うちは近くで買っているので挽きたての米粉が手に入ります。『JA東とくしま こめっ娘工房』に『今日米粉挽いた?』と聞いてあれば買うんです」と三賀さん。「米っ娘ロール」は人気商品だったため、同じ米粉でシフォンケーキも発売したそうです。

お米が3粒ならんだ模様の「米っ娘ロール」 1本 1,080円(税込み)



お年寄りに大人気

「ケーキハウスサンガ」の「いちじくのムスリーヌ」は地元のお年寄りに大人気の洋生菓子です。ふんわり優しい甘さのスポンジで、柔らかなふわふわのホイップクリームを包んだロールケーキ。そして、その上にはさらにふわふわのホイップクリームとたっぷりの新鮮イチジクがのっています。こんなにたくさんのいちじく、贅沢!さらにトップには木イチゴとチャービルで見た目も楽しめます。

いちじくのムスリーヌ 1個420円(税込み)



豆乳で作ったティラミス

「ソイカフェ」は、豆の形のかわいいカップに入ったティラミスです。スポンジにコーヒーをしみこませた土台に軽くホイップしたチーズ層とさっぱりとしたホイップクリームの層、そして一番上にはナッツやお豆を模したチョコレートがかわいく飾られています。なめらかな舌触りとクリーミーで濃厚なおいしさです。豆乳の栄養をおいしくいただけるのもうれしいですね。

ソイカフェ 1個 380円(税込み)



いつでもお誕生日ケーキを作ってもらえる安心感

「お誕生日のケーキはいつ来ても少しお待ちいただければお作りします。忙しい世の中なんだから予約をするのを忘れてしまうこともあると思うんです。言ってください。何とかなります。出前はできませんが」と笑顔の三賀さん。



大変なことよりうれしいことのほうが多いのだそう

「お菓子屋さんになりたいという夢というより、食べるために必死で働いてきました。朝早くから晩まで仕事をしていた父を見てきたから抵抗なくやってこれました」三賀さんのお父様もお菓子職人だったのだそう。「今までやってきて振り返ってよかったと思えることは、人に恵まれたことです。すごく。いろいろ相談して、教えてもらってやってきました。僕らの商売って人間と人間の付き合いだと思うんです」と三賀さん。これからも人と人との繋がりとなり、笑顔のもととなるようなケーキを作ってください。


ケーキハウスサンガにはおいしいケーキがまだまだたくさんそろっています。

 

店名 ケーキハウス サンガ
住所 徳島県小松島市神田瀬町12-13
電話 0885-32-3982 / 0885-32-6357
最寄駅 阿波室戸シーサイドライン 中田駅
営業時間 9:00-19:00
定休日 不定休
駐車場 あり 3台
イートイン なし
クレジットカード 不可
お取り寄せ 不可
ホームページ なし

 

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter