「農家さんを訪問し、素材を見て決めています。農家さんが一生懸命作っている姿を見ると『この素材を使っておいしいお菓子を作ろう』と私自身も一生懸命になります。」




今回は福岡県筑紫郡那珂川町(つくしぐんなかがわまち)に行ってきました。脊振山(せふりさん)に隣接していてそこからから流れる那珂川がまちの中央を南北に流れています。この豊かな自然のおかげで農業がとても盛んです。本日は那珂川町で育った素材で作られるお菓子が人気のパティスリーノアさんに行ってきました。

ホワイトデー直前のこの日、テキパキとお菓子を作る姿が印象的だったのはオーナーシェフの木下 裕之(きのした ひろゆき)さんです。



那珂川町の卵「金太郎」

「素材選びにはこだわっています。お客様に安心して美味しくお召し上がり頂けるお菓子を作る為に農家さんを訪問し、自分の目で素材を見て、そして農家さんが働く姿を見て決めています。農家さんが一生懸命作っている姿を見ると『この素材を使っておいしいお菓子を作ろう』と私自身も一生懸命になります。」と木下さん。さっそく那珂川町でとれた新鮮な卵「金太郎」を見せてくれました。この「金太郎」は飼料に化学物質は一切使わず、那珂川町が誇る大自然の中でストレスを感じさせずに育った鶏の卵です。コシのあるプリッとした白身と黄身の旨味が特徴でお料理にはもちろん、お菓子作りにも最適な卵です。「コシがあるので卵全てを『金太郎』にしてしまうとふんわり仕上がらないので、普通の卵と混ぜて調整しています。うちの人気商品の『金太郎マドレーヌ』と『金太郎レモンケーキ』を開発した時に一番苦労したのも卵の配合です。」苦労の甲斐あって今では多くのお客様に買って頂き「食べやすくて美味しい!」「ふんわりしていて甘すぎない」との言葉をかけていただけるのだそう。では早速お菓子をご紹介しましょう。



ギフトとしても人気です

那珂川町産の卵「金太郎」を使用して作った「金太郎マドレーヌ」は木下シェフの卵の配合のおかげでふわふわに仕上がっています。「これぞマドレーヌ」と誰もがおいしいと思えて、懐かしさも感じる美味しさです。パッケージもかわいらしくて「那珂川」と地名が入っているので、町外や県外へお出かけの際に、また帰省の際にと箱入りでご購入されるお客様も多いそう。


金太郎マドレーヌ 160円税抜き



「ノアのレモンケーキが一番好き」とお客様

ドーム型の丸い形がかわいらしい「金太郎レモンケーキ」。ネーミングの通り、こちらももちろん那珂川町産の卵「金太郎」が使われています。レモンピールを練り込んで焼き上げた生地はしっとりとしていて優しい甘さです。時々感じるレモンピールの歯ごたえと香りがとてもいいアクセントになっています。表面のホワイトチョコはレモンの香りを引き立ててくれるクリーミーな甘さです。こちらもやはりギフト用としても人気のひと品です。


金太郎レモンケーキ 190円税抜き



お客様が笑顔でお菓子を選ぶ姿

木下さんが長年の夢であった洋菓子店をオープンしたのは今から約7年前です。オープン前までとオープン後とで変わったことを聞いてみました。「お客様の声がダイレクトに届くのがうれしいです。厨房でお菓子を作りながらショーケースが見える作りになっているのでお客様が笑顔でお菓子を選ぶ姿も見る事が出来ます。」と木下さん。お客様が購入してくださる商品や人気の商品など商品の売れ行き具合を直接見る事が出来るので新しいお菓子を考える時も第一にお客様の事を考えるのだそう。「客層が幅広いので高齢の方でもおいしく食べて頂けるお菓子作りに力を入れています。しつこくなく、特殊になり過ぎない、定番の食べやすいお菓子作りを心がけています。」そして最近はたくさんのお客様からリクエストを頂いていた「那珂川スイーツ」というギフト菓子作りをしています。那珂川町の美味しいお菓子の定番となってもらえればと、パッケージ作りもデザイナーさんに依頼するほどこだわっています。「商品化まで間もなくです。楽しみですね。」と木下シェフ自身も待ちきれない様子でした。



那珂川町の「やまももプロジェクト」

那珂川町では町のシンボルの木である「やまもも」の果実を使って皆に愛される商品づくりを進めています。そのとりくみのひとつが「やまももプロジェクト」です。地元の人は昔から「やまもも」を木から取って食べていたといいます。ただ収穫期間が短いことや、収穫後すぐに傷んでしまう事が原因で市場に出回ることは非常に少ないそうです。もっと那珂川町産の「やまもも」の美味しさを知ってもらいたいと始めたこの取組みに「パティスリーノア」の木下さんも賛同し、「幻の果物」とも呼ばれる那珂川県産「やまもも」のジャムやフリーズドライをアレンジして焼き菓子を作っています。こちらももう商品は出来上がり、販売までもう直ぐです。楽しみですね。



温かみのある店内

「パティスリーノア」には今回ご紹介したお菓子の他にも、洋生菓子やクッキーなどの焼き菓子、チョコレート、またエダムチーズを使った甘くない焼き菓子なども取りそろえています。毎日その日の気分によって食べたいお菓子を選んで買って帰るのもいいですね。「アットホームなお店です。是非おしゃべりがてらお菓子を選びにいらしてください。」と木下シェフが言った通り、気軽に立ち寄って美味しいお菓子を買って帰りたくなるお店でした。

ホワイトデーのイベントで焼菓子売り場も人気


(取材・文 まちおやつプロジェクトメンバー)


 

店名 パティスリーノア
住所 福岡県筑紫郡名珂川街道善5-59
最寄駅 JR西日本博多南線 博多南駅
目印 西鉄バス那珂川営業所
電話 092-953-5080
営業時間 9:30-19:30
定休日 毎週水曜日(祝日の場合翌日)
駐車場 あり 18台
お取り寄せ なし
Facebook https://www.facebook.com/PatisserieNoix/

 

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter