ハスカップに、さくらんぼ。地元ならではの果物を使ったお菓子作りは、その果物の“酸味”をうまく活用していました。新旧二つ、地産地消の果物が主役のお菓子です。

 

 

「北のちいさなケーキ ハスカップジュエリー」は、北海道らしい看板商品の一つ。

北海道のお菓子というと乳製品を使ったものは外せませんが、実は、果物のお菓子もバリエーションが豊富ということを知っていますか? 和洋菓子の専門店「もりもと」もその一つ。今回、「もりもと」の果物を使ったお菓子について、広報の島崎あかねさんにお話を伺いました。
「北海道ならではの果物というとハスカップですね。ハスカップは、見た目はブルーベリーのような色で酸味があるのですが、ビタミンやカルシウムが豊富といわれています。長期保存ができないので、急速冷凍して加工されるのが一般的です。その希少性の高さから“幻の実”と呼ばれることもあるそうです」
そんなハスカップを使った商品が、「ハスカップジュエリー」です。ハスカップの甘酸っぱいジャムとバタークリームをクッキーでサンド。仕上げにチョコレートで縁取るという、贅沢でいて繊細な味わいのお菓子です。このお菓子、そのフォルムから、まだ新しい商品かと思いきや、昭和53年から発売されているロングセラー商品というから驚かされます。
「ハスカップジュエリーは、誕生してから40年近く愛されてきたお菓子です。ハスカップ自体が北海道ならではということもあり、お土産品としてもご好評いただいています」

 

 

ハスカップジュエリー 

 

 

酸味の強い品種のさくらんぼ「水門(すいもん)」。お菓子作りに欠かせない“酸味”をうまく活用して生まれたお菓子。

ほかにもジャムやゼリー、ブッセなど、ハスカップを使ったお菓子のラインナップが豊富な「もりもと」ですが、今年10月、さくらんぼを使ったお菓子「北のちいさなケーキ チェリージュエリー」が新登場しました。さくらんぼは、北海道・仁木町で収穫された「水門」という品種だそうです。あまり耳にしない種類ですが、どういった特徴があるのでしょう。
「ハスカップと同様、ほどよい酸味が特徴です。お菓子を作る際に“酸味”はとても重要です。酸味がある果物を探していたところ、『水門』を紹介してもらい、『これだ!』ということで『水門』を使用したお菓子が誕生しました」
チェリージュエリーを試食させてもらうと、外側のミルクチョコの優しい甘さに薄焼きクッキーの軽やかさ、バターが香るクリームと甘さの中にさくらんぼの酸っぱさが調和します。どれか一つが欠けても完成しない、絶妙な配合です。
「さくらんぼのフルーティーな甘酸っぱさが一番の魅力です。さくらんぼの甘酸っぱさを最大限に活かすために、ほかの素材とのバランスには特に気を配っています。また、さくらんぼをコンフィチュールにしてチョコとクッキーに合わせた『北の散歩道』という商品もあるのですが、いずれも果物のおいしさを一番に味わっていただけるような仕上がりになっています」

 

 

チェリージュエリー 4個入り 640円(税込み)
他に6個入り、10個入りがある。地方発送可能(HPのオンラインショッピングから)

 

 

北の散歩道 さくらんぼ・ハスカップ 
ともに8個入り648円(税込み)地方発送可能(HPのオンラインショッピングから)

 

 

地元で採れる優れた素材を使ったお菓子作りを。それをきっかけに、生産者や市町村が活性化したら嬉しい。

実際に何度も仁木町に出向いて生産者との信頼関係を築き、試作を繰り返し、お菓子を完成させるまでに至ったと島崎さん。長いやり取りの中で生まれた、思いの詰まったお菓子だと続けます。
「仁木町の周辺ではハスカップやさくらんぼのほかにも、プルーン・りんご・ブルーベリー・梨など、実にたくさんの果物が採れます。仁木町はフルーツ王国と呼ばれるほど、四季を通して果物がとても豊富なのです。今年、弊社は仁木町と地方創生の一環として地域連携包括協定*を結ばせていただきました。さくらんぼの“水門”もそうですが、優れた素材を使ったお菓子をこれからも作っていきたいと思っています。それをきっかけに生産者や市町村がもっともっと活性化されたら嬉しいですね」
一つでいろいろな味わいを楽しめるチェリージュエリー。パッケージには、かわいらしいさくらんぼの妖精と「北のちいさなケーキ」という文字が。そのとおり、小さくてかわいい、とっておきのお菓子でした。

 

*地域連携包括協定とは、地域が抱える社会問題などを解決するために自治体と民間企業などが協定を結ぶこと。この動きは全国で広まっていて、現在では47都道府県が何らかの協定を締結し、市町村にも広まっている。

 

 

もりもとの注目おやつ「生パウンド」はこちら。
 

 

店名 もりもと本店
住所 北海道千歳市千代田町4-12-1
電話・FAX 0123-23-4181
最寄駅 JR千歳駅(駅から徒歩7分)
目印 駅からまっすぐ国道36号方面に進み、セブンイレブン向かい
営業時間 8:00~19:30
定休日 不定休
駐車場 あり 31台
イートイン あり 6~7席
クレジットカード
お取り寄せ 一部可
お取り寄せ方法 ホームページから
ホームページ、ブログ等

http://www.haskapp.co.jp
https://www.facebook.com/sweets.morimoto/

その他備考 本店のほか、新千歳空港店、札幌エスタ店など、北海道内に27店舗を構える。

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter