• パティスリー・ショコラトリーエメラ

    初代から引き継いだ店を、自身が学んだヨーロッパ仕込みの菓子専門店としてリニューアル。地元の生産者との出会いを大切に、町に根付いた店にしたいと、二代目は語ります。 奈良の閑静な町で、先代の洋菓子店を二代目がリニューアルオープン 大阪と奈良を結ぶ近鉄奈良線の沿線に位置する「富雄(とみお)駅」。そこからほど近い路地を入った一角に、突然、ヨーロッパのパティスリーのような吊るし看板が目を引く、白基調の洒落た店構えが現れます。それが「パティスリー・ショコラトリー エメラ」。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/kansai/286-2017-03-07-00-57-52.html
  • パティスリーノア

    「農家さんを訪問し、素材を見て決めています。農家さんが一生懸命作っている姿を見ると『この素材を使っておいしいお菓子を作ろう』と私自身も一生懸命になります。」 今回は福岡県筑紫郡那珂川町(つくしぐんなかがわまち)に行ってきました。脊振山(せふりさん)に隣接していてそこからから流れる那珂川がまちの中央を南北に流れています。この豊かな自然のおかげで農業がとても盛んです。本日は那珂川町で育った素材で作られるお菓子が人気のパティスリーノアさんに行ってきました。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/kyusu/332-2018-03-16-02-24-60.html
  • ふわたま まろん

    「地元の素材にこだわってお菓子作っています。茨城県は農産物が豊富なんです。世の中で地産地消という言葉を聞くようになる前から地元の素材にこだわってきました」 先日、茨城県笠間市産の「栗」をふんだんに使ったケーキの「しぃふぉら」を紹介してくれた茨城県笠間市の「笠間洋風菓子 グリュイエール」からまた新しい笠間市産「栗」を使ったお菓子が発売されたと聞いて茨城県に行ってきました。 今回のお菓子は「ふわたま...

    http://machioyatsu.jp/attensionoyatsu/37-howatanacheese/333-2018-03-19-04-42-8.html
  • パティスリー・ジョルジュマルソー

    「フランス菓子の技法の中にどれだけ九州の素材を組み合わせられるか常に勉強しています。お客様に安心して召し上がって頂けるようさらに知識を深めていきたいと思います」 シェフパティシエ 江藤 元紀(えとう もとき)さん...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/kyusu/335-2018-04-03-05-39-57.html
  • あじわいきゅーぶ

    http://machioyatsu.jp/attensionoyatsu/58-2017-03-07-02-01-16.html
  • パティスリー・ショコラトリーエメラ

    初代から引き継いだ店を、自身が学んだヨーロッパ仕込みの菓子専門店としてリニューアル。地元の生産者との出会いを大切に、町に根付いた店にしたいと、二代目は語ります。 奈良の閑静な町で、先代の洋菓子店を二代目がリニューアルオープン 大阪と奈良を結ぶ近鉄奈良線の沿線に位置する「富雄(とみお)駅」。そこからほど近い路地を入った一角に、突然、ヨーロッパのパティスリーのような吊るし看板が目を引く、白基調の洒落た店構えが現れます。それが「パティスリー・ショコラトリー エメラ」。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/48-2017-03-07-02-04-58/183-2017-03-07-00-57-51.html
  • パティスリー ヤナギムラ

    鹿児島県で約20年、地元に愛される菓子作りを続ける人気店。豊かな自然の中で手に入る地元素材を積極的に使っていますが、それは決して特別なことではないとシェフは語ります。 パティスリー ヤナギムラの柳村豊仁シェフ 鹿児島で5店舗を展開するパティスリー、人気の秘密は? こんにちは、スイーツジャーナリストの平岩理緒です。日本全国の菓子店より、スイーツで地域を盛り上げる様々な取り組みをご紹介するこちらのコラム。前回の奈良に続き、鹿児島県から第二弾をお届けします。 「パティスリー...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/48-2017-03-07-02-04-58/227-yanagimura.html
  • パティスリー ヤナギムラ

    鹿児島県で約20年、地元に愛される菓子作りを続ける人気店。豊かな自然の中で手に入る地元素材を積極的に使っていますが、それは決して特別なことではないとシェフは語ります。 パティスリー ヤナギムラの柳村豊仁シェフ 鹿児島で5店舗を展開するパティスリー、人気の秘密は? こんにちは、スイーツジャーナリストの平岩理緒です。日本全国の菓子店より、スイーツで地域を盛り上げる様々な取り組みをご紹介するこちらのコラム。前回の奈良に続き、鹿児島県から第二弾をお届けします。 「パティスリー...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/kyusu/287-yanagimura-2.html
  • かんしょの好栄

    「なるべく農薬や化学肥料の使用を抑え、有機肥料で育てていけるよう取り組んでいます。『安心・安全』な甘藷(かんしょ)を食べていただきたいので努力は惜しみません。」 今回は宮崎県の素晴らしい大自然の中にあるサツマイモ農園に行ってきました。 サツマイモの事を宮崎県串間市のあたりでは「甘藷(かんしょ)」と呼びます。今日は代表の大塚義久(おおつか...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/38-townkitchen/304-2017-12-01-03-43-34.html
  • 平岩理緒 季節のまちおやつ便り

    日本全国を渡り歩き、様々な菓子店や生産者と交流を深め、お菓子の価値を伝え続ける平岩理緒さん。これまでの出会いから、選りすぐりの『まちおやつ』をご紹介頂きます。 はじめに 私は、2001年から「幸せのケーキ共和国」というスイーツの情報サイトを始め、最初は、食べ歩きを楽しむ一ファ ンから、現在の「スイーツジャーナリスト」という活動の一歩を踏み出しました。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/48-2017-03-07-02-04-58/182-2017-03-07-00-44-13.html
  • パティスリー イロドリ

    軽井沢のホテルに務め、その豊かな自然に魅せられた女性が小さな菓子店をオープン。地元産の果物や野菜を採り入れたお菓子作りと、時折見せる母としての顔。その姿はきらりと輝いています。 パティスリー イロドリの岡部妙子シェフ 東京出身のパティシエールが、軽井沢にお店をオープンした理由とは? こんにちは、スイーツジャーナリストの平岩理緒です。日本全国の菓子店より、スイーツで地域を盛り上げる様々な取り組みをご紹介するこのコラム。奈良県、鹿児島県に続き、第三弾は長野県・軽井沢町よりお届けします。 「パティスリー...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/cyubu/326-2017-10-19-10-29-18.html
  • 南風農菓舎の香りの焼き菓子

    「50年以上無農薬で栽培してきたフルーツ園を引き継いで、ローカル食材を使っておしゃれに、グローバル品質で!と作ったのがオースミ・レーヌ・マンダリンです」 あえて丘の中腹を造成して作ったデザートハウス。とにかく、この景色を楽しんでほしかったから。左の奥に小さく見えているのが、開聞岳です。 受け継いだのは、「地域の宝物」の果樹園とこの風景 九州最南端の大隅半島。その真ん中あたりにある、鹿屋市(かのやし)に位置するのが、「南風の丘」です。デザートの「南風農菓舎」ブランドは、GINZA SIX(ギンザ...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/38-townkitchen/248-minamikaze.html
  • エール・ブランシュ

    「アリガト♡あいさいプロジェクト~地域の美味しい食材を価値とともに発信します~」。レンコン・いちご・生姜など、地元でとれる豊富な素材をたくさん使用しています。 オーナーシェフ 中川 博市(なかがわ ひろいち)さん お店の周りをキレイに飾るお花は中川シェフの努力の賜物です。毎日のお手入れをかかしません。 愛知県は愛西市にある「エール・ブランシュ」は地産地消に取り組むお菓子屋さんです。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/cyubu/247-aile-blanche.html
  • ケーキファクトリーヤマウチ

    「イチオシおやつの『ぽてっちー』は、子供の頃、近所のおじちゃんやおばちゃんが、落ち葉のたき火で焼いてくれた焼き芋の、懐かしい大好きな味が原点です」 オーナーシェフの山内隆義さんと店長の山内美恵子さんご夫妻。明るいお二人の雰囲気そのままのステキなお店です。 お母さんが料理すると、横を離れない「味見役」。お手伝いで料理上手に 外観も店内もとってもおしゃれなケーキファクトリーヤマウチ。15年前に現在のおしゃれな洋菓子店に改装されました。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/kyusu/251-yamauchi.html
  • パティスリー イロドリ

    軽井沢のホテルに務め、その豊かな自然に魅せられた女性が小さな菓子店をオープン。地元産の果物や野菜を採り入れたお菓子作りと、時折見せる母としての顔。その姿はきらりと輝いています。 パティスリー イロドリの岡部妙子シェフ 東京出身のパティシエールが、軽井沢にお店をオープンした理由とは? こんにちは、スイーツジャーナリストの平岩理緒です。日本全国の菓子店より、スイーツで地域を盛り上げる様々な取り組みをご紹介するこのコラム。奈良県、鹿児島県に続き、第三弾は長野県・軽井沢町よりお届けします。 「パティスリー...

    http://machioyatsu.jp/oyatsutime/48-2017-03-07-02-04-58/278-2017-10-19-10-29-17.html
  • パティスリー ジークフリート

    「修業中に教わったことで、今でも一番大切にしていることは『素材を大切にすること』。素材に感謝をしてなるべく材料の無駄を出さないように使うことを心がけています」 りんごの産地として広く知られる青森県に行ってきました。今回は県内に5店舗を構え、地元民に愛される洋菓子店「パティスリー ジークフリート」のご紹介です。お話を伺ったのは金沢店のパティシエ兼店長の熊谷篤史(くまがい...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/touhoku/280-2017-10-19-09-00-44.html
  • oeuf ウフ

    世界中から来日してきたシェフたちと共に帝国ホテルでデザート作りをした日々。「美味しい!」と感じる笑顔の連鎖は世界共通。そんな思いが今の仕事の基盤です。 「oeuf(ウフ)」パティシエ 安江晶子さん 自作の絵画と共に。 「ウフ」は、フランス語で「たまご」の意味。「フランスのお母さんが作るようなタルトを作りたい」−−岐阜県の飛騨高山で、旬のフルーツをたっぷり使ったタルトを焼いているパティシエの安江晶子さんにご自身のお菓子作りのストーリーを伺いました。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/cyubu/289-2017-10-31-15-02-51.html
  • ナガラタタン

    お二人がパティシエを目指した理由を聞いてみると共通点がありました。「お菓子を食べた人に喜んでもらいたい」その気持ちはお菓子の最高の隠し味なのです。 岐阜県岐阜市にある緑豊かな町「材木町」。かつて川湊として栄え、飛騨の木材や美濃の和紙などの陸揚げが多く、それらを扱う問屋町として繁盛してきた歴史がある町です。...

    http://machioyatsu.jp/oyatsumaperea/cyubu/279-2017-08-09-03-10-55.html
  • 第四弾 しっとりんぐ

    注目おやつ第四弾。アーモンドの風味豊かで、さくっ・ジュワッとした食感が特徴の「しっとりんぐ」。各地の美味しい素材が詰め込まれた親子3世代で楽しんで欲しいおやつです。 食感が楽しい生地と素材感あるフィリングが相性の良いおやつです。 お母さんやおばあちゃんには懐かしい見た目で、子供たちには食べやすい大きさで、楽しく手に取ることができます。 実家に遊びに行くときのおもたせとして。孫が遊びに来る時のおやつとして。...

    http://machioyatsu.jp/attensionoyatsu/46-2017-03-07-02-01-15/343-2018-04-09-07-58-11.html
  • 鳥栖産米粉焼きドーナツ

    「はじめて使った地産素材が『ヒノヒカリ』です。当時、米粉の特徴がわからず何度も試作を繰り返しました。苦労した事もあり、思い入れの強い素材のひとつです」 鳥栖産米粉焼きドーナツ 1個 165円(税込み) 先日ふわっふわのパウンドケーキの中に濃厚なクリームが詰まっている「生パウンド」をご紹介してくれたポアソン洋菓子店のオーナーシェフ埋金龍二(うめがね...

    http://machioyatsu.jp/attensionoyatsu/46-2017-03-07-02-01-15/345-2018-04-09-07-23-6.html

結果 1件 - 20 / 200