「原料の作り手の皆さんと一緒に作り上げたお菓子には、たくさんの思いが詰まります。そういったお菓子達は、自然と多くのお客様にも長く愛される商品になりますね」

和香牡丹キューブ 1箱  1,080円(税込み) 1箱


大分県宇佐市の「ぶどうの森」に、地元の日本酒を使って作った、お酒が好きな大人が喜ぶ「まちおやつ」があります。日本酒の味わいをたっぷりと堪能できるお菓子です。
「ぶどうの森」の店舗のすぐ隣に三和酒類株式会社の酒蔵「虚空乃蔵(こくうのくら)」があります。今回のまちおやつは「虚空乃蔵」で作られている「和香牡丹(わかぼたん)」という日本酒を使って作られています。
「和香牡丹」は地元の農家が大切に育てた大分県宇佐市産の米「雄町(おまち)」を使用しています。数ある酒造好適米(日本酒を作るのに適した米)の中で100年以上前に発見され、今もなお栽培され続けている品種はこの「雄町」だけだそう。栽培の難しさから大分県では数十年前に、一度姿を消しましたが、地元農家の皆さんの協力により復活したと言います。力強い甘みとコクが特徴の日本酒です。「ぶどうの森」のオーナーシェフ小林 洋司(こばやし ひろし)さんは、米農家、お酒の作り手の思いを知り、これでなにかおいしいお菓子が作れないかと考えました。それが「和香牡丹キューブ」です。




ひんやり冷たいお酒の香り

「和香牡丹キューブ」は和香牡丹のラベルをもとにしたデザインの箱に入って売られています。「日本酒には珍しいパステルカラーを基調としたこのデザインは明るい店内でも目にとめていただけるようで、お客様に手に取っていただく姿をよく見かけます」と小林シェフ。箱を開けると雪を連想させるような真っ白なお菓子が入っています。さっそくいただきました。ひんやり冷たい「和香牡丹キューブ」は口の中の温度で柔らかくなり、その口どけはとても滑らかです。同時に心地よい強さの日本酒の香りが口いっぱいに広がり、アルコールで体がぽかぽか温まりそう。チョコレートのような甘みと日本酒の香りが何とも贅沢です。



みんなで作った「和香牡丹キューブ」

「お米の作り手、和香牡丹の作り手、そして私と皆さんで作り上げたお菓子だと思っています。お客様にも喜んでいただいて、発売が始まって間もないですが早速リピーターとなってくださったお客様もいらっしゃいます」。小林シェフは思いのこもったお菓子はお客様の心に届くようだと話します。「原料の作り手の皆さんと一緒に作り上げたお菓子には、たくさんの思いが詰まります。そういったお菓子達は、自然とお客様にも長く愛される商品になりますね。このお菓子もきっと長くお客様に愛していただけると思っています」。



食べたら驚く食感と味わい。ぜひお試しを

「何度も失敗をして長い時間をかけ、やっと完成しました。諦めなくて良かったです。この食感と味わいは食べていただいて初めてわかるおいしさだと思います」。
ほろ酔いになってしまいそうなくらい日本酒の風味を味わえる「和香牡丹キューブ」。お酒好きのお父さんのバレンタインプレゼントにいかがでしょうか?喜んでいただけること間違いなしのおすすめ品です。お取り寄せも可能ですので是非お電話にてお問い合わせください。


(取材・文 まちおやつプロジェクトメンバー)

 

店名 西洋菓子 ぶどうの森
住所 大分県宇佐市辛島247-1
電話・FAX 0978-33-2777
定休日 毎週月曜日(祝祭日は振替)
営業時間 10:00~20:00
駐車場 あり 
イートイン あり 
カード 不可
お取り寄せ お電話にてお問い合わせください
お取り寄せ方法 電話・FAX
Facebook https://www.facebook.com/西洋菓子-ぶどうの森-183388628514784/

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter