今回はイチジクを使ったまちおやつ。「イチジクは小さな頃から旬の時期には必ず食べる果物です。子供の頃は木から穫っておやつに頂いていました」地元ではお馴染みの光景です。

生パウンド~秋の味覚~ 1本 1,300円


秋の味覚がたっぷりとつまったまちおやつがあると聞いて愛知県の「パティスリーモンボワ」に行ってきました。今までにも愛知県のおいしいフルーツを使ったまちおやつを紹介してくれたパティスリーです。



秋の味覚がたっぷりなまちおやつ

「今回は秋の味覚がたっぷりの生パウンドです。春ごろから出回るイチジクですが夏の終わりから秋ごろに収穫される露地物(ビニールハウスなどで管理して育てられたものではなく、自然の気候の中で栽培されたもの)は味がしっかりして甘みがあるんです。食べてみてください」と山森 大輝(やまもり だいき)シェフが持ってきてくれた生パウンドは秋の果物がたっぷりとのっています。巨峰とシャインマスカットといちご、そして愛知県産の完熟イチジクがたっぷりのっていて、秋をめいっぱい感じられる贅沢なひと品です。イチジクはとろけるような食感の中に種のプチプチ感を楽しめて、巨峰とシャインマスカットは口の中で弾けてみずみずしさが広がります。たっぷりの甘いクリームと甘酸っぱいいちごも見事なコンビネーションです。一口食べれば秋の味覚を堪能できます。



地産素材のお菓子をお目当てにご来店いただきます

今回はいつもまちおやつをご紹介いただいている山森シェフの奥様、販売を担当されている山森あい子(やまもり あいこ)さんにもお話を伺いました。「今までに何度か、お店のホームページを見てくださって『地元の食材を使ったものはどれですか?』という質問をいただいたことがあります。愛知牧場の牛乳や愛知県産のイチジクなど、なじみのあるものは特に喜んでいただけます」。それもそのはず、愛知県のイチジクは全国でもトップクラスの収穫量です。昔から、農家ではもちろん、住宅の庭にもイチジクの木があり、実がなっているのはごくありふれた光景です。「私が小さな頃から旬の時期には必ず食べる果物です。子供の頃は近所の小さな畑の持ち主の方にお願いをして友達と一緒に木から穫っておやつに頂いていました」と懐かしそうに教えてくれました。



農家とのコミュニケーション

地元の農家の方と話すチャンスを大切にされている山森シェフ。フルーツ業者の方に農家の方を紹介してもらうこともあるそうです。山森シェフはパティスリーモンボワで販売するお菓子に使うフルーツを、ただ仕入れるだけでなく農家の方と話し、そのフルーツの事をより詳しく知ることでどんなお菓子にするとおいしくなるか考えています。すべてはお客様においしいお菓子を食べていただきたいからだそう。これからも山森シェフが作るおいしいお菓子に注目です。


(取材・文 まちおやつプロジェクトメンバー)


 

店名 モンボワ
住所 愛知県名古屋市中川区中島新町3-2501
電話・FAX 052-304-8078
最寄駅 あおなみ線中島駅 (徒歩10分)
目印 名古屋共立病院 すぐ近く
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週木曜日(月一回不定休有り)
駐車場 あり 5台
イートイン なし
クレジットカード 不可
お取り寄せ 季節により発送商品が異なります。お電話でご確認ください。
お取り寄せ方法 お電話でご確認ください。
ホームページ、
ブログ等

http://www.montbois.jp/
https://www.facebook.com/pages/モンボワ/825979854116479​

 

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter