収穫量・出荷量共に「日本一」の千葉県の梨。その本場が市川市です。一番おいしい時期の梨のジャムを包む爽やかなクリームチーズに生クリーム。和梨のほわたまです。

「ほわたま」 5個化粧箱入り 850円(税込み)
この化粧箱を見ただけで、歓声が上がること間違いなしのかわいらしさ。宙に浮かんでいるようなほわたまの白に、ピンクのリボンがロマンチックです。




千葉の名工であるシェフの魔法で、一口で三度おいしいほわたまに

千葉県・市川市の創作洋菓子モンペリエ。シェフを務めるのは、神保勝司(じんぼかつし)モンペリエ会長です。その卓越した技術で、千葉県の名工として表彰されています。シェフの作るほわたまは、クリームチーズの中に生クリームがふんわり。そのセンターを飾るのが、市川の梨で作られたジャムです。

この梨のジャム、地域貢献の心意気の賜物なのです。モンペリエさんは、JR市川駅南口徒歩2分の好立地に創業してから46年。創業40年を越えた頃から、ご家族で「何か地元貢献ができないものか」と話題にするようになったそうです。

ちょうどその頃、市川市の商工会議所から地元のお祭り“市川産業フェスティバル”で「市川の梨を使って、何か作っていただけませんか」と声がかかります。「あ、これはめぐりあわせというか、しっかり取り組みなさいということだなぁ」と神保会長のお嬢さんで、二代目社長の神保里香(じんぼりか)さんがプロジェクトのリーダーとして参加することに。



子供の頃の原風景と地域貢献の相乗効果で

里香社長は「小さい頃、秋になると梨農家の方が沿道でちょっとだけ傷がついた梨を売っていたのが思い出されます。高級志向の市川の梨。都内の有名フルーツ店で販売されていますが、傷がつくと出荷が難しいものになります。そんな表舞台には出てこないけれどおいしさは変わらない梨の利用法を考えてみました」と話してくださいました。

おっとりした見た目の印象とは違って、行動力のある里香社長。地元との交流を大事に考えて日々活動をされているそうです。その一つとして市川市の企業が参加するイベント“市川産業フェスティバル”にも初出店。梨ジュースを販売したところ、大好評で店には長蛇の列ができたそうです。

その後里香社長は、梨の安定した有効活用を考え、「高級和梨ピューレ」加工会社のリカンヌを立ち上げました。「地域産業資源活用事業」として平成23年4月から販売を開始しています。ほわたまのセンターには、リカンヌのダイスカットタイプピューレを煮てジャムにして入れています。

モンペリエの「和梨のほわたま」は、おいしさはもちろんのこと、そのラッピングが夢のようなかわいらしさ。冷凍で販売している商品ですが、透明なパッケージに、大切に5個ラッピングされています。ほわほわの外観がそのまま外から楽しめる秀逸なデザインです。そこへピンクのリボンがかかり、目で見ても嬉しいお菓子になっています。

お近くへお越しの際は、ぜひ一度お店の方へお立ち寄りください。


(取材・文:大倉愛子)


創作洋菓子モンペリエのおやつマップはこちら。お店おすすめのまちおやつ情報が見つかります。


 

店名 創作洋菓子モンペリエ
住所 千葉県市川市市川南1-5-17
電話 047-326-2020
FAX 047-321-1427
最寄駅 JR 市川駅
目印 JR 市川駅 南口徒歩1分
営業時間 9:00~21:00   日・祝9:00~20:00
定休日 毎週木曜日
駐車場 なし
(お買い上げ2000円以上で提携駐車場30分無料のサービスあり。お店でご確認ください)
イートイン なし
クレジットカード 不可
お取り寄せ 来店注文のみ可
お取り寄せ方法 来店注文時ご相談
ホームページ、ブログ等 http://montpellier.jp/

 

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter