温暖な気候の瀬戸内海で育った瀬戸内レモンが、ふわふわクリームチーズと出会ったら。「農家さんが大切に育てたレモン。そのおいしさをどう活かすか考えて作りました」




瀬戸内産のレモン×クリームチーズ。ふわふわ食感の、かわいいケーキが誕生。

愛媛県の老舗菓子メーカー、母恵夢本舗が新しいお菓子を作りました。その名も「瀬戸内ふわまーじゅ」。その誕生秘話を実際にお菓子の製造に携わった菅 泰雄さんに聞きました。
「レモンはもちろん瀬戸内レモンです。はちみつは愛媛みかんの花から採れたものを使用しております」
ひと口いただくと、なめらかなクリームチーズの優しい酸味が口いっぱいに広がり、そこにレモンの酸味とはちみつの甘さが追いかけてきます。小ぶりなお菓子ではありますが、食感・味・香り、そのどれもがしっかり主張して、とても満足感があります。
「酸っぱすぎても甘すぎてもダメなので、レモンとはちみつのバランスには、特にこだわりました。パクッとひと口で食べられるサイズ感もいいですよね。見た目もコロンとしてかわいらしい仕上がりになったと思います」




地元が誇る、瀬戸内産レモン。「やさしい酸味と、なによりフレッシュさが自慢です」

レモンというと外国からの輸入物も多くあり、輸送するため、防カビ目的でワックスコーティングされるということを知っている人も多いと思います。また、最近では、お菓子や飲み物だけではなく、料理で皮ごとレモンを使うことも多いため、ワックスをかけていない国産のレモンが重宝されています。
そして、国産レモンの産地の多くが瀬戸内産。温暖で雨が少ない気候がレモンの栽培に適していることから、愛媛県や広島県、和歌山県などは国産レモンの生産量の多くを占めます。
「瀬戸内のレモンは、外国のものと違って酸味が優しいですね。しっかりと酸っぱいけれど、ただ酸っぱいだけじゃない、深みがあるというのでしょうか」と菅さん。さらに、お菓子にするには、なによりフレッシュなことが一番と続けます。
「生産者の顔が見えることも大きいですよね。お菓子はどうしても、素材をそのままというわけにはいきませんから。地元の農家さんが大切に作ったレモンを使っているので、こちらも、そのおいしさをどう活かすか、それを一番に考えて、このお菓子を作りました」




地産地消のお菓子作りは、まだまだこれから。全国の人においしさを届けたい。

「瀬戸内ふわまーじゅ」は、冷凍で届くため、季節を問わない嬉しい商品です。
「このお菓子を通して、全国どこででも、瀬戸内の味・瀬戸内の空気を味わっていただけたら光栄です」
クリームチーズと瀬戸内レモンの出会いは第一弾。今後、愛媛みかんとの組み合わせなどにも挑戦していきたいとのこと。瀬戸内の名産品とお菓子のコラボレーション、これからの展開が楽しみです。




瀬戸内ふわまーじゅ
6個入り842円(税込)
2016年7月20日発売

 

母恵夢本舗のおやつマップはこちら。お店おすすめのまちおやつ情報が見つかります。

 

店名 母恵夢本舗 本店
住所 794-0018 愛媛県今治市本町2-1-29
電話・ファックス 0898-32-5660
最寄駅 JR今治駅
目印 伊予銀行
営業時間 9:00~20:00
定休日 無休(元旦のみ休業)
駐車場 有り(約5台分)
イートイン 無し
クレジットカード
お取り寄せ 一部可
お取り寄せ方法 ホームページから
ホームページ、ブログ等

http://www.poemehonpo.co.jp/

その他備考

本店のほか、旭町店、片山店、ワールドプラザ店、中荻店がある。

 

 

Submit to FacebookSubmit to Twitter